カナダに一人飛び込んできた高校生の現地留学ストーリー

Pocket

カナダの高校留学の感想

K.K.さん

日本の高校1年生の9月からバンクーバー郊外コキットラム市

リバーサイド高校(公立) Grade 10に1年間留学

 

本記事は、元ソースhttps://www.nobiccanada.com/abroadguide/highschool/(NOBIC Canada)の転写許可を得ています。

 

高校留学を決断したのは、もともと海外の文化に興味があったのと、留学によって、将来、仕事をするとき、英語が話せて、海外の習慣・文化を知っていると大きなアドバンテージになると思ったからです。初めはカナダの文化や現地人にどう話しかけるかなど全くわからなかったため、大変でしたが、徐々に慣れることができました。この1年間で知り合った友達から、その国の文化や環境、自分では絶対にしないであろう考え方も多く学び、物事を広く捉えることができるようになりました。

ホストファミリーからは、カナダについて多くのことを学ぶことができ、カナダで生活していく上でとても助けになりました。カナダの家での過ごし方、マナーなども学ぶことができました。

コキットラムは日本にある町ほどは栄えていませんが、気候も良く、自然もたくさんあり、バンクーバー・ダウンタウンまでのアクセスもすごく良いので、とても過ごしやすい町だとおもいます。

リバーサイド高校は、そこまで大きな学校ではないので、アットホームな空気に包まれていて、 先生や生徒もすごく優しく向こうから積極的に話しかけてくれます。勉強は日本と比べると英語以外は比較的簡単だと思うので、復習や単語力があればついていけると思います。

平日は放課後、クラブ、ジム、もしくは友達と一緒にご飯を食べに行ったりします。週末はダウンタウンでバスケなどのスポーツをするか、遊ぶか、宿題をやっています。部活動はラグビー・クラブに所属しています。

今後は、残り2年間留学を継続してリバーサイド高校を卒業後、日本の大学に帰国子女受験するか、カナダかアメリカの大学に進学するか、まだ思案中です。

記事のリンク元:(さらに読みたい方はこちら)
https://www.nobiccanada.com/abroadguide/highschool/ 

 

コキットラム学区紹介ビデオ

 
 

※カナダの他地区の学校情報もあります。上記のリンクをクリックしてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*