バンクーバーの変わった逆三角のコンドミニアム、他にもあるカナダのユニークデザイン建築物の一覧

Vancouver House
Pocket

今回はカナダにあるユニークで変わった建物の特集です。   

バンクーバーには、いまユニークな外観のレジデンシャルのコンドミニアムが建設中です。それが、なんと逆三角形なんです。

昨年から、ダウンタウンからグランビルブリッジを通るたびに、右手に面白いデザインの高層ビルだなーと気がつかれた方も多いと思います。 最近、建物の建設が進み全体の外観がはっきりとしてきました。 建物が下にゆくほど萎んだ逆三角のユニークなデザイン。知らない人が見ると、つよい横風がきたら建物の下がボキッって折れない? という外観イメージです。

 

こちらです。百聞は一見に如かず。

バンクーバーハウス(VANCOUVER HOUSE)

Vancouver House

この建設中の場所は、正確には1480 Howe Stにあります。建物全体の高さは497ft(151m)で、最上階52階で、バンクーバー市内では4番目に高い建物になるそうです。 ビルデザイナーは、コペンハーゲン出身のデンマーク人のビャルケ・インゲル氏(Bjarke Ingels,43)がデザインしました。総工費は4億カナダドル(約340億円)、 407の居住用ユニットと、95のレンタルユニットで構成されます。2019年春の完成予定です。 

話題が脱線しますが、この有名デザイナーのビャルケ氏のいままでの他の建築実績をみると、 やはりバンクーバーの逆三角コンドミニアムと同じ傾斜を感じさせる外観が特徴のようです。

NYマンハッタンのW57 Courtscraper

こちらはNYマンハッタンのW57 Courtscraper

 NYCのThe West Chelseahotel/condoコンセプト

NYのThe West Chelseahotel/condoのコンセプト

ちなみに、専門家では彼の斬新デザインは英語で”resilient”(物が押されたり引っ張られたりした時に弾力的な、回復の速い)という評論が多く見られます。

うーん、ほんと地震とかきて、建物全体がドテっ!と倒れないのでしょうかね?(笑)

さて次は、こちらもバンク―バーからです。一昨年2016年6月に開設スタートした、ISSofBC (移民避難民サービスセンター)です。

Refugees Center in Vancouver

Refugees Center in Vancouver

Refugees Center in Vancouver(Address: 2610 Victoria Drive)

この建物はエントランスの庇の形状とその上部が一体となって、まるで家をひっくり返したような錯覚におちいる印象深く面白い外観が特徴です。一度見たら強く印象に残るインパクトあるデザインです。この移民センターは、建物デザインだけでなく、日々の運営オペレーションでも消費電力エネルギーを抑え、水を節約し、環境問題に貢献するシステム仕組みが組み込まれていて、カナダのGold LEED certification(※)を取得しています。

(※)Leadership in Energy and Environmental Design (LEED) 世界の標準認証規格として、省エネルギー、居住健康など環境に配慮した先進的な構築物として認証

やはり環境の先進国カナダらしく、外観デザインだけでなく建物も環境への配慮がされてますね。

 

さて、次はオンタリオ州から、

Ontario College of Art and Design’s (OCAD’s) Sharp Centre

トロントの人気のランドマークのひとつにも数えられるアートデザイナーの専門カレッジです。2004年に建てられました。地上28mにおかれた2階建ての空中キャンパスと底面を多彩カラフルな12本の支柱で支える独創的デザイン。資金の寄付者であるSharp夫妻の名前をとって建物の名前として付けられました。英国デザイナーのWillAsop氏とトロントのの共同デザインです。

 

Ontario College of Art and Design's (OCAD's) Sharp Centre

Ontario College of Art and Design’s (OCAD’s) Sharp Centre

 

うーん、たしかに印象的な外観ですが、一般での評価は分かれているようです。 しかし、この空中キャンパスでアートを学べば、将来とても独創的な人間になりそうーですね。(笑)

 

さて次も、同じオンタリオ州ですがミシサガ市にそびえる2本のねじれツインタワーで居住用のコンドミニアム「Marilyn Monroe Building」です。2つのコンドは高さが違って一つが50階、もうひとつは56階建てになっています。

Marilyn Monroe Building in Mississauga Ontario, Canada 

 

Marilyn Monroe Building in Mississauga Ontario, Canada

Marilyn Monroe Building in Mississauga      Address:50–60 Absolute Avenue
Mississauga,Ontario, Canada

Marilyn Monroeの特徴は、なんといっても建物全体がドラスチックにねじれて居る事です。ねじれ具合がどれくらいかと言うと、ビル地上10階をゼロ基点として、1階がマイナス10度から、 ビルの途中の31階は90度、そして最上階の56階が198度となり、ビル全体で最大209度の角度でねじれた構造になっています。

外観デザインは北京出身の精鋭デザイナーのMa Yansong氏と彼の経営するMAD Officeによるもので、全体プロジェクトをトロント本社Sigmund Soudack & Associates Incが担当し、 2棟は、それぞれ2007、2012年に完成しました。

同じくツイスト様式のデザインは、北欧スウェーデンのTurining Torsoがあるそうですが、ビルが角ばった形状で、このMarilyn Monroeのように周りが楕円のねじれデザインは世界でも珍しいそうです。 日本では、家に住むとき南向きがいいとか、北側はダメとかありますが、こんなにねじれていると住んでる部屋はいったいどっち向き? とちょっと迷いそうですね(笑)

 

さあ、まだまだカナダには興味深いデザインがあります。こちらはケベック州のモントリールにあるオリンピックスタジアム。1976年にカナダで開かれたモントリオールオリンピックのメイン会場と して建設されたものです。その後、1988年に簡易開閉式の屋根を設置して実質的にはカナダ初のドームスタジアム(開閉式も実質上世界初)となりました。

 

モントリオール、オリンピックスタジアム

OLYMPIC STADIUM, Montreal, Quebec.

OLYMPIC STADIUM, Montreal, Quebec.

所在地:4549 Pierre de Coubertin Avenue
      Montreal, Quebec

このオリンピックスタジアムは上に飛び出した突起の支柱が特徴的です。この写真ではわかりにくいですがスタジアム会場の真上169mから40本の鋼鉄ケーブルで開閉用の屋根の幕をつってスタジアムの屋根を開閉させています。当初はありませんでしたが、11年後の1987年2月に屋根幕が増設されています。スタジアム全体は直径320m(短径270m)の楕円形をしています。

現在は、プロ野球リーグやワールドカップなどメジャーリーグのサッカー場としても利用され、過去に最大6万人を超えたゲームもあったそうです。

※実は、このスタタジアム会場は米国のトランプ政権による移民政策の強化で、米国に滞在できなくなった移民がカナダへ流入し、増える移民対策の一環として施設を開放し、一時滞在ができるように、カナダ政府が昨年7月に決定しました。(カナダの移民問題については、別のコラムでお知らせする予定です。)

 

さて最後は、カナダ最大都市トロントから、ロイヤル・オンタリオ博物館です。北米で最も大きな5つの博物館のうちの一つに数えられます。

ロイヤル・オンタリオ博物館Royal Ontario Museum(愛称:ROM)

 

Royal Ontario Musium Toronto

Royal Ontario Museum Toronto

所在地: 100 Queens Park, Toronto, ON M5S 2C6

ロイヤル・オンタリオ博物館は、カナダ建国151年の中でも歴史が古く 1912年4月16日に建物が完成、1914年3月19日に開館し、1955年まではトロント大学により運営、現在は独立の機関として運営されてます。 現在のモダンなデザインは、2003年から行われた「ルネッサンスROM」と呼ばれる大がかりな改修プロジェクトにより水晶をモチーフにした斬新なデザインが追加されたものです。デザイナーは、米系ポーランド人のDaniel Libeskind氏が設計担当をしました。
 
さて、最後の方はかなり駆け足になりました。皆さんもカナダへ来られるチャンスがあれば、ぜひ見てみて下さいねー。
 
 
++++ 番 外 編 ++++
今回、カナダのユニークな建物を調べていて、みつけた自然の中にあるユニークなデザインの宿泊コテージです。場所は、バンクーバーとビクトリアの間に浮かぶMayne島にあります。サマーシーズンの宿泊に行ってみたい、思いっきり自然が満喫できそうですね!以下 AirBnBで予約ができます。

Cob Cottage on Mayne Island

Cob Cottage on Mayne Island

Cob Cottage on Mayne Island

This cozy cottage is always listed in the top Airbnb listings in Canada. It’s quaint, adorable, and made of local, sustainable natural materials on a lovely acreage with sheep, gardens and orchards. Amazing.

Price per night: $160/night
Location: Mayne Island, BC
Type: Entire home/apt
Guests: 2 guests
Link: Listing on Airbnb

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*