夏、今年40周年プライドパレードで、『The Meaning of Inclusive for All 』を実感してきました

Pocket

バンクーバーは7月のカナダ建国記念日(Canada Day)に続いて、8月6日はBC州の祝日(BC Day)で、その前の土日をいれて3連休のロングウィークエンドです。

8月に入り、晴天つづき街中ではアウトドアのフェスティバルや野外イベントが目白押しで、ウキウキあっとう間に日が過ぎます。

この祝日期間中、いま住むバンクーバーでは北米でもトップクラスの規模のゲイ(LGBTQ2)パレードが開催されるので、妻と一緒に行ってみてきました。

この恒例の有名ハイライトパレードは、現地では「Pride Parade」と呼ばれて、昨年(2017)の参加者数が65万人、今年ちょうど40周年を迎えます。 

 ※LGBTQ2 (Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender, Transsexual, Queer, Questioning and 2-Spiritedの略) 

さて肝心のパレードですが、社会的な立場や形にこだわらず、とにかくフリーな表現スタイルと楽しさで、観る側も参加してるかの一体感がある雰囲気で“圧巻の凄さ”でしたー

まさしく表題の KGBTQ2パレードのスローガン「『The Meaning of Inclusive for All 』の言葉に集約されてます。

読者の皆さんにも偏見なしで、ぜひお勧めしたいと思います。

読者の中には、「え? カナダには、ゲイとかバイセクシャルとかそんなに多かったの??」と驚かれる方もいらっしゃるかと思います。 

答え: はい、沢山のLGBTQ2が自分の身近にいます。、しかし見た目は全く普通の人も多くて、一見しただけではわかりません、(ゲイ同士だとお互いわかるそうなんですが。(笑)) あと彼らをサポートフォローする市民が圧倒的に多いです。

そんな人達が、今年40年周年記念で一年に一回集まるフェスティバルをぜひご覧下さい―。 なお、本記事の掲載写真はインターネットで公開されていたものを多く引用させて頂きました。

◇PrideParadeの様子

白バイ隊がパレードを先導(カッコイイ!妻は大ファンです)

 

昼スタートのパレードは、4-5時間以上延々と続きます

 

暑さで、解放感が満開のマッチョなゲイチーム

沿道の観客も一緒に、、次々に来るチームに声援かけます。その一体感がスゴイ!

コース沿道のアパートメントから声援する家族たち、、

 

今年も、トルドー首相が参加! (もしや・・・?)

40年前に始まったパレードの写真、最初から女性同士の人権をまもるところからスタートしたんですね。

 

レインボーバージョンのスイーツやドリンクもどんどん出てきます!

 

今年(2018)のコース、ダウンタウン出発し、反時計まわりに周回、ビーチ沿いへ進みます。(全長3-4kmくらい) 

赤が待機エリア、オレンジが行進コース、緑は終わった後の休憩+エンタメエリア

 

バンクーバー市の教育委員会もスクールバスと先生と生徒で参加してました。(リッチモンド市の教育委員会も)

子供も自分の意志で参加

お互いが自由な意志で参加するのが基本です。

 

もちろんポリス(警官)もいます、(他に消防救急士も)

カナダの最大手銀行やTV局、通信会社、航空会社、IT企業の社員もぞくぞくで道があふれます。

 

カップル同士が、自由な表現スタイルで、

 

皆、かわいらしいコスチュームで生き生きと輝いてますね。

動物の住む環境を守ろうーでなく、自分は大好きな動物そのものになるんだー!実際に、犬の恰好で4つ足でパレードしてる人もいます。 

 

◇Pride Paradeまとめ

1.LGBTQ2の人は、社会生活で普通に周りにいて、自分たち同じで何も違わない暮らしをています。中に日本人の方もいます。

2.パレードは、本人だけでなく、LGBTQ2を支援サポートする人たちも多く参加します。社会的な地位が高い人、トルドー首相や警察、学校教育委員会も一緒に参加

3.参加カップルは、年令や人種を問わず、子供から80才以上の高齢まで層が幅広いです。

4.それぞれ自分の意志でアピールし、行進衣装やダンススタイルなどダイナミックレンジが相当に広いです。

5.沿道の観客も、パレードと一緒になる一体感があって凄い!

 

最後に、冒頭テーマであるゲイ差別や偏見をなくすスローガン、「The Meaning of Inclusive for All』について、 

Inclusive意味は、the quality of trying to include many different types of people and treat them all fairly and equally

一般とは違った性的マイノリティーの人であっても、私たちのコミュニティーは差別せずに、すべての人を公平で平等に考え参加してもらう高い生活レベルを実現しよう!

 

来年は、ぜひカナダのバンク―バーへいらして、PrideParadeへ参加して、またはご覧になってみて下さい。

ご自身の世界観が変わりますよ・・・きっと!!(笑)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*