雨でも晴れと同じ参加数、今年も大勢の人が参加した”Terry Fox Run”(希望のマラソン)が開催されました。

Pocket

自分と同じガン闘病する子供達のため義足でチャリティ、5,373km走る途中で亡くなった、カナダの英雄Terry Fox「希望のマラソン」が、日本で10月札幌で開催!

昨日、朝から寒い雨が降りしきる中、カナダ全土で予定通りに「Terry Fox Run 2018」が開催されました。悪天候にもかかわらず、晴天の年と同じ多くの参加者が、それぞれのランニングコースを走り抜けました。

Terry Fox Run2018

Terry Fox Run 2018

 

 

 

 

 

 

 

もし、いま誰を尊敬しますか?と聞かれたら。私は間違いなく彼の名前Terry Foxをあげると思います。

実はカナダへ移民で間もない頃に、子供から

 子: 「きょうは学校全校でTerry Fox Runやったよー!」

 私: 「ふーん皆で走ったんだー、ところでTerryって誰?」 

って感じで、呑気に聞き流してしまっていました。(笑) そうしているうちに何かの拍子で彼の記事をみて、、

これは―!こんなにすごい人がカナダに居たんだ―! 

と、とにかくその瞬間からでした、テリーフォックスを尊敬し彼の大ファンの一人となっています。 さてそのTerry Foxとは、

テリーフォックスについて

本名:Terrance Stanley (通称:Terry Fox

1958年7月28日、マニトバ州ウィニペグで生まれ、バンクーバー近郊のポートコキットラムで育つ。

サイモンフ レーザー大学の学生で、バスケットボール部で活躍していた1977年、右ひざの痛みで医者にかかったところ、骨肉腫であることが判明。

右足を切断した後、がん研究資金を募るために、1980年4月12日、ニューファウンドランド州のセント・ジョンズから「希望のマラソン」(Marathon of Hope)を開始した。

鉄のような固い意志で、カナダを横断してバンクーバー島のポートレンフリューを目指し、義足をつけて毎日フルマラソンと同じ42kmを走り続けた。目標は完走と100万ドルの募金を集めることだった。

メディアで知った国民は感動し、一緒に走る子供や車椅子の人々、道路脇で彼に応援の募金を渡す人々の輪が広がっていく。

しかし、143日目の9月1日5,373kmを走ったところで、癌の肺への転移のためオンタリオ州サンダーベイ付近でマラソンを断念し入院。1981年6月28日、23回目の誕生日を1カ月後にひかえ、テリーは22歳の若さでこの世を去った。

彼の遺志を継ぎ1981年9月以来毎年、がん研究資金を募るチャリティイベント「Terry Fox Run」が世界中で開催されている。

2004年にカナダ放送協会が実施した「偉大なカナダ人」の調査でトミー・ダグラスに次いで2位に選ばれた。2005年、挑戦25周年記念1ドル硬貨が発行された。また、イギリスの歌手ロッド・スチュワートはテリーに捧げる”Never Give Up On A Dream”を歌っている。
(ウィキペディア日本語版より)

実際に生前テリーフォックスが義足でカナダを縦断している映像(Yotube)

 

今回ご紹介した、カナダの義足の英雄”TerryFox”と、生前に挑戦し実行した「希望のマラソン(Marathon of Hope)」は、彼の遺志を受け継ぎ「Terry Fox Run」として、カナダ全土と世界30国で、毎年多くの参加者が、毎年9月にチャリティイベントを行っています。今年10月14日に、日本(札幌)でも開催される予定です。(詳細は下記情報を参照ください)

2018年(10月14日SUN) テリーフォックス・ラン札幌

Terry Fox Run in Sapporo(札幌)
日程:2018年10月14日(日)

時間:9:00〜受付開始、9:30〜開会式、10:00〜レーススタート

場所:幌平橋下 豊平川河川敷右岸(豊平区側)
☆詳しい情報はHPでご確認ください

公式HP:http://terryfoxrun-sapporo.jpn.org
Facebook:https://www.facebook.com/terryfoxruninsapporo/

2014年から日本でも有志がスタート、初年は80名だった参加者は、昨年(2017年)400名を超えたそうです。またテリーフォックスラン札幌においても集められた寄付金はテリーフォックス財団を通じて世界の最新がん研究施設等に寄与されており、実際に多くの新しい治療や治験に役立てさせて頂いてます。 

カナダのRUN方法は、楽しむを目的として、走る以外に歩いてもOKですし、サイクリング(専用レーン)、ローラーブレードでも可能です。走る距離は1,000メートル、3km、5km、10kmのいずれかを選びます。参加は一人でもOKですし、友達同士、家族または複数チームとして参加もでき自由です。本場マラソンとは違いタイム測定は有りません。参加費は無料。

◇チャリティ募金について、

Terry Fox Runへの、チャリティー募金は、自分で決めていただき寄付するしないも自由です。また寄付いただいた寄付金は、テリーフォックス財団を通じて世界の最新がん研究施設等に寄与されており、実際に多くの新しい治療や治験に役立てられます。

銀行振り込み(北海道銀行 本店営業部 普通預金 口座番号101-3167402 北海道カナダ協会テリーフォックス・ラン・イン札幌/振込手数料無料)でも、

当日に会場へご持参いただいても構いません。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*