まだ知られてないカナダの現地レポート

カナダで、まだ知られていない現地ニュースや生活スタイル、教育など幅広くカバーしてわかりやすくお知らせします。 

温暖化対策に、カナダの木(Timber)高層建築が脚光、世界で最高18階建ての木造建築ビルが完成

今年に入り、バンクーバーでは、あちこちで高層オフィスビルや新築の住宅、中高層コンドミニアムが街中のあちこちで建築ラッシュになっています。 

いままで10年以上現地に生活していて、ここまでの凄いペースは初めてです。いま私が住んでいるダウンタウンから車で20分程度のバーナービー周辺でも、こんな高層住居ビルがニョキニョキと建設中です。それも販売価格は、1戸で2ベッドルームでスペースが狭い割に80万ドルもするのが当たり前で、一般の人にはとても高くて手が出せません。(涙)

Amazing Brentwood Burnaby

そんな中でも、最近カナダらしい木材の建築のコンドミニアムやコミュニティセンターを多く見かけるので、ちょっと気になってました。(けっして洒落じゃありません、笑) この写真のように5,6階の中層階コンドミニアムも木材建築です。日本だと木造は、昔の建物で防火も強度もわるくて、せいぜい2階建くらいしかないと思っていたので 「あれ?こんな高さで、いまどき木で建てても安全?大丈夫なの!?」とすこし心配に思ってたりもしてました。

でも、調べてみると まったく心配は要りませんでしたよ!(笑)

 

続きを読む

夏、今年40周年プライドパレードで、『The Meaning of Inclusive for All 』を実感してきました

バンクーバーは7月のカナダ建国記念日(Canada Day)に続いて、8月6日はBC州の祝日(BC Day)で、その前の土日をいれて3連休のロングウィークエンドです。

8月に入り、晴天つづき街中ではアウトドアのフェスティバルや野外イベントが目白押しで、ウキウキあっとう間に日が過ぎます。

この祝日期間中、いま住むバンクーバーでは北米でもトップクラスの規模のゲイ(LGBTQ2)パレードが開催されるので、妻と一緒に行ってみてきました。

この恒例の有名ハイライトパレードは、現地では「Pride Parade」と呼ばれて、昨年(2017)の参加者数が65万人、今年ちょうど40周年を迎えます。 

 ※LGBTQ2 (Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender, Transsexual, Queer, Questioning and 2-Spiritedの略) 

続きを読む

<速報>マリファナに「Yes」で、米国へ永久入国拒否 ◇過去3,4か月で12ケースが報告

<速報>マリファナに「Yes」で、米国へ永久入局拒否

マリファナに関する米国入国拒否の続報です(もし該当するカナダのお知り合いがいたら教えてあげて下さい)

カナダー米国国境のカナダ国境サービス≪CBSA≫の連絡

①過去マリファナの使用経験がある
②マリファナ企業の役員または業種と関わりがある

上記を質問され、「Yes」の場合は、今後生涯ともに米国の入国が拒否される可能性があります。実際にこの2,3ヵ月で12件の拒否ケースがありました。

続きを読む

自然豊かなバンクーバーで、「Dinner In The Sky」 空中レストランを体験してきました!

Dinner In The Skyを体験しました

欧ベルギー発で空中レストランで話題のDinner In The Sky がノースバンクバーでスタート。快晴ですばらしい眺望の食事を体験できました。 いま世界15か国で展開中だそうですが、これだけの山や海で自然が豊かなバンク―バーの眺望は、間違いなく世界最高クラスだと思います。ぜひ写真で一緒に体験をご覧下さい。

空中レストランのあるノースショアのエントランスに到着です。 カナダのFirstNationのトーテムポールがお出迎えー 

続きを読む

対米関税で、7月から値上げの米国製品リストに、やはりカナダらしさ~思わず微笑みが

カナダVS米国関税

今年に入って米国トランプ政権と中国の貿易摩擦の問題がヒートアップし、また太平洋をわたりカナダ産の鉄鋼アルミの米輸入関税引き上げへ発展、一方のカナダ側の対抗措置(retaliatory tariffs)として、7月1日からカナダへの米国製品の輸入関税が10-25%値上げされることになりました。

今回、値上がりとなる製品リストは20以上の分野カテゴリーに及び、その対象総額は、CAD16.6Billion(約1兆4000億円)に達します。具体的には米国の鉄鋼製品は関税25%アップ、それ以外の食品や衣料品は一律10%の値上げとなります。

政府HPで最新の対象リストが公開されていました。いたいどんな物があるかを確かめてみて思わずうーん、、やっぱりカナダらしい~(微笑) と思えるものがありました。

こちらをご覧ください。(リストは貿易金額の大きい順、小数点以下を四捨五入)

続きを読む

バンクーバーの変わった逆三角のコンドミニアム、他にもあるカナダのユニークデザイン建築物の一覧

Vancouver House

今回はカナダにあるユニークで変わった建物の特集です。   

バンクーバーには、いまユニークな外観のレジデンシャルのコンドミニアムが建設中です。それが、なんと逆三角形なんです。

昨年から、ダウンタウンからグランビルブリッジを通るたびに、右手に面白いデザインの高層ビルだなーと気がつかれた方も多いと思います。 最近、建物の建設が進み全体の外観がはっきりとしてきました。 建物が下にゆくほど萎んだ逆三角のユニークなデザイン。知らない人が見ると、つよい横風がきたら建物の下がボキッって折れない? という外観イメージです。

 

こちらです。百聞は一見に如かず。

続きを読む

2026年、カナダで初のワールドカップ共同開催が決定!!

FIFA2026Logo

いよいよ、2018 FIFAワールドカップロシア大会がスタートしましたね。初戦強豪コロンビア戦に見事勝利生まれ変わった日本選手たち!ほんと素晴らしい!!興奮しながら試合の様子をTVにくぎ付け、どれも目の離せない試合ばかりで、すでに熱中して寝不足になっている方も多いのではないでしょうか。

さて少し気が早いですが、8年後、2026年の開催地は、「カナダ・メキシコ・アメリカ」での共同開催が決定したことはご存知でしたか?

続きを読む

ほんとにヘルシーなの?健康ホットドック・ウォーターに熱つーい注目が!?

(本文中の記事写真は、dailyhive.comから引用をしています)

 

こんにちは。カナダは6月にはいり気温もグングン30度近くまであがり、本格的な夏シーズン到来です。一年でも最も日が長く10時すぎまで、、ボケボケしてると気付くと深夜だったなんてだったことも、笑

さて、このハイシーズンにはバンクーバーのダウンタウンいたるところでコンサートやお祭りイベントが開催され人人で一気に盛り上がります。さまざまな人種と民族がいるカナダならではの超迫力ゲイパレードのような珍しいイベントや、日本でもなかなか出会う事がないアフガニスタン、ペルシャ、メキシコ、パレスチナなどのエスニック料理なども満喫できます。

さて、そんな中で恒例のMain Stの歩行者天国の露店で売られていた、ホットドッグ・ウォーター!に、バンクーバーリストのあつーい注目を浴びたというニュースがありましたのでご紹介します。

なお、記事は英文ニュースのdailyhive.comから引用させて頂きました。

 

まず、見て思ったのが、、、 

え、? ホットドッグ と水?  

一瞬 あたまが真っ白! あまりにも想像を絶するありえない組合せで、、ぜんぜんイメージが掴めません、、実物の写真を見てみると、

続きを読む

ブランドで大人気なのに!カナダグースが日本では外来種駆除の皮肉

Canada Goose

こんにちは!このところバンクーバーではハイシーズンで快適な日が続きます。毎年このシーズンにはあちこちでカナダガン(Canadian Goose)の家族が子育て真っ最中。いまオフィス近くの人気の観光スポットグランビルアイランドでもかわいらしい子供たちが仲良く生活するのを目にします。

普段は草むらや公園にいますが、ときどき車道に出て来て、地元のカナダスタイルでのんびり道路を横断します。そうなると車のドライバーもカナダグース家族が渡り終わるまで止まって、じっと辛抱強く待ちます。(笑) 

続きを読む

Avaazにみる、「ミツバチを救え!」は、ダントツのカナダ社会問題の意識

AVAAZ SAVE THE BEES

こんにちは!!今回はカナダのAvaazのホットな話題について取り上げます。

このところ日本でも、日大アメフト部の宮川選手の反則タックル問題で26000人分の嘆願の署名を集めたオンラインの署名ツールとして、Avaazの知名度は急速に広まっているようです。このAvaazっていったいどんな機関団体?署名して大丈夫なの?という不安の声も多いので、本題に入る前に少しフォローしておきます。

続きを読む