子育て育児

海外カナダのバンクーバーで出産し育児、子育てで、日々奮闘するママの生の本音を編集しました。

海外で育児、日本で困ったこと!オーガニックや砂糖が入っていない赤ちゃんスナックを探すのって大変だ

カナダ育児お菓子

日本へ里帰り中、カナダから娘の大好物おやつ「チェリオス」の大箱を一箱たっぷり持ってきたはずなんですが、日本滞在をあと数週間残したところで終わってしまった。。。これはピンチ!チェリオスが無ければ、外出時やおやつの時間どうしよう。娘を静かにさせる私の命綱的な小道具なのに、その大事なチェリオスを欠品させてしまうとは。。。

手づかみ食べの練習に最高のおやつ『チェリオス』

カナダでも日本と同じように保健士さんが離乳食について教えてくれる機会があります。その時に教わったカナダらしいおやつを紹介します。

 

続きを読む

1歳の赤ちゃん連れで国際線って?エアカナダで日本へ里帰り

KFG Canada De Yururi

サイバーマンデーに格安チケットゲット

あっという間に娘も1歳に。一年365日がもう過ぎてしまったなんて、本当に信じられない。。。一年に一度は日本に娘を連れて帰りたいと思っているので、去年の11月サイバーマンデーのエアカナダがやっていたセールで帰国便を予約。15%offセールをしていて、税金燃油代込みで$713!娘の料金は大人の席代の10%。すんごく安かったので、これから毎年サイバーマンデーにエアカナダでチケットを買おうかな。 

去年、生後2か月の時と比べて、1歳の子供は機内サービスにも違いがありました。だけど今回のフライトは本当に疲れた!! 

 

続きを読む

海外のオムツって日本のと比べて使い心地は?サイズは?安いの高いの?

海外のオムツ

粗悪イメージがある北米のおむつ品質は日本と変わらない

カナダで出産した私は日本のオムツの良さを知らずに育児をしてきた。北米のオムツのイメージは日本よりは粗悪なんだろうなとなんとなく思いながらカナダのオムツを使ってました。なぜならカナダの女性ナプキンの品質が日本の数十年遅れているからです(笑)

続きを読む

子供の大学費用どうしよう?政府から約70万円の補助金!日本とは全く違うカナダの教育資金の貯め方

子供の大学費用どうしよう?政府から約70万円の補助金!日本とは全く違うカナダの教育資金の貯め方

以前、カナダの学資積立プラン「RESP」についてちょっと触れたんですが、

日本の学資保険はない?カナダの子供の教育資金の貯め方

カナダで第一子を出産し、初めての育児であたふたした毎日を送っているアラフォー新米ママです。あっと言う間に娘が7ヶ月になってしまい、時間の流れの早さに驚いているのと同時に、すんごく焦りだしていることが。それは、 子供ができた親ならだれしもが考える「あのこと」です。 そう、「学資保険」のことです。

先日やっと、その「RESP」の口座を開設することができましたー!パチパチパチーー。娘が0歳の内に開設するという目標を達成でき、それだけで満足(笑)日本の学資保険のような制度がないカナダで産まれた子供の教育資金の貯蓄はどうやって始めたか、知りたくないかもしれませんが、ご報告です(笑)

続きを読む

バランス感覚を養うカナダで人気の赤ちゃん用運動器具おもちゃJolly Jumperジョリージャンパー

Jolly Jumperジョリージャンパー

カナダ生まれの体幹とバランスを鍛えられるおもちゃ

初めてのクリスマスプレゼント、皆さんは何をあげましたか?記念すべき一回目のプレゼント、私はコミュニティーセンターのプレイルームにあったこの「Jolly Jumperジョリージャンパー」に一目惚れ。娘ではなく、私が一目惚れ(笑)その理由がmade in Canadaでカナダ生まれのおもちゃだからです。中国製が多い中でカナダ製はとても貴重。お友達もこのジョリージャンパーを持っていて、その赤ちゃんは足がすんごいしっかりしていたのも欲しくなった理由です。(↓お友達が撮ってくれた写真。ここにハマっていればしばらくおとなしくしてる。)

続きを読む

新生児赤ちゃんのおへそに赤い水ぶくれが!臍肉芽腫(さいにくげしゅ=Granuloma)でした

赤ちゃんおへそ

この前娘が初めて病気になったと思っていたんですが、よく考えると産後間もなく娘は「臍肉芽腫」というものになり、病院にお世話になったことがありました。約一年前のことですっかり忘れていました。今回はそのおへその病気について書いておこうと思います。

続きを読む

とにかく豊富、世界の食材でお腹を満たせるカナダのスーパー、日本とココが違う11のポイント

カナダスーパー

海外のスーパーって日本と違って巨大で扱っている商品も全く違うので見ているだけでもたのしいですよね。海外旅行に行って現地のスーパーに行くのは女子なら好きなはず(笑)そんな海外スーパー好きのみなさんにカナダのスーパーの様子を紹介します!

日本の2,3倍は普通、はてしなく広い店舗!

まずカナダに来て驚いたのがスーパーの広さ!かるく日本のスーパーの2,3倍あります。一日いても飽きないんじゃないかってぐらい、郊外のスーパーは巨大で楽しいです。しかもカナダは200以上、出身国が異なる人びとが暮らす多民族の国。なので、とり扱っている商品も世界各国のものが揃っていて、最高です!

続きを読む