子育て育児

海外カナダのバンクーバーで出産し育児、子育てで、日々奮闘するママの生の本音を編集しました。

おむつの取れていない、1歳児のプールデビューはどんな水着を着させる?

おむつ取れない1歳児プールの水着

6月で気温も30度近くに上がり、近くのプールへ行ってきました。コミュニティーセンターの施設が充実しているカナダ。日本でいう市民プールがバンクーバー市内だけで10以上もあります。

 

コミュニティーセンターはプールとジムが併設されていて、運動が大好きなカナディアンでいつも混んでいます。私の田舎にはこういう市の施設はなかったなー。あって体育館ぐらいかな。ジムなんて無い。↓ロビーにはカフェも。このコミュニティーセンターは大きくてとても綺麗。

続きを読む

公園デビューで学んだカナダの教育方法 おもちゃのけんかも子供同士で決着 ダメなときだけ手を差し伸べる 

バンクーバー公園デビュー

公園豊富なバンクーバー

娘もあっという間に一歳をすぎ、てくてく歩き始めました。もう家ではじっとしててくれないので、乳児期のようにおっぱいあげてねんねって技がまったく通用しませんね。。。(いま考えるとその時期は楽だったんですねー。)

一日1,2回は外に連れ出さないと、もう間が持たない。その点、カナダって公園がどこでもすぐ近所にあってとっても便利!さすが自然豊富なイメージの国。 特に私のうちの最寄りの公園は遊具が豊富なんです(笑)

続きを読む

赤ちゃんを日焼けから守るカナダで人気のオーガニック日焼け止め8点

赤ちゃん日焼け止め

赤ちゃん用には紫外線散乱剤のものがいいね

日焼け止めの成分に以下の二つがあるのは有名な話。

  • 紫外線吸収剤・・・紫外線を吸収して防ぐ(紫外線を吸収した時に化学反応が起こって熱が発生するそう)
  • 紫外線散乱剤・・・紫外線を反射して防ぐ

赤ちゃん・子供に使用するなら刺激の少ない紫外線散乱剤のものを選びたい。そしてできれば天然素材でオーガニックのものが最高と考えてしまう。

なので、オーガニックスーパーで人気のwhole foodsへ日焼け止めを探しに行ってみました。バンクーバー、天気がいい日が多くなってきてアウトドア日和なので、日焼け止めコーナーが大きく設置されてます。

続きを読む

エアカナダの赤ちゃん機内食はグルメでビックリ、しかもドッさり!! 出発18時間前までに連絡を

娘が初めに飛行機に乗ったときはまだ離乳食が始まっていなかったので、特に気にして無かったんですが、友人に「ベビーフードを出してもらえるよ」と聞き、せっかくなので今回の旅ではお願いしてみることにしました。

エアカナダのHPで調べると出発の18時間前までに連絡をしないといけないようです。瓶とかのベビーフードだからチェックインの時に言えばいいのかなー?なんて思っていたんですが、事前連絡は必須なんですね。

続きを読む

カナダは出産もエコロジー先進国? 犬用トイレシートみたいな産褥パッド(笑)

産褥パッドが売ってないカナダ

カナダでの出産話関連でもう一つ、衝撃的だったことをご紹介!

カナダで出産準備をする時に、お産経験のあった姉に「お産必須グッズ」って何?って質問しました。そしたら聞きなれない「産褥パッド」って言葉が。何に使うかと聞いてたら、産後しばらく出血が続くそうで、そのパッドがあるといいよーと教えてくれました。

続きを読む

新生児を真っ裸のまま!?母子の絆を肌と肌で深めるカンガルーケアskin to skinって?

カナダの出産はskin to skin

産んでから退院までずっと母子が同室一緒のカナダ

私は晩婚で高齢出産だったので、周りには子持ちの友人が沢山。なので、出産に関する情報をよく耳にすることがありました。そこで多く聞いたのが、二人目を出産する友人は「二人目は絶対に母子別室に限るわ!」ってセリフ(笑)なにやら産む病院によって産後赤ちゃんとの過ごし方が全く違うようなんですね。それで、

続きを読む

海外で無痛分娩 キャサリン妃の7時間には及びませんが産後二泊で退院だったカナダでの出産

海外はじめて出産、無痛分娩

カナダでの初めての出産 費用は$0!

初産だったので、陣痛がどんなものか全くわからなかった私。出産を経験した人に聞くと必ず「陣痛はわかるよ」って事だったので、その時を待つ事に。(はい、やっぱり陣痛がきたら等間隔で痛みが増してくのでわかりました!)

続きを読む

<海外出産> 葉酸は妊活の3ヶ月前から摂取するサプリメント カナダでの妊娠期間の流れ

北米で妊娠中のサプリで人気No1「Materna」 

カナダでは葉酸は妊活の3ヶ月前から摂取するサプリメント

最近キャサリン妃が第三子をご出産した際、産後なんと7時間で赤いスタイリッシュなワンピースに完璧なメイクで退院をしたというニュースが世間を驚かせていましたね!

出産後たった7時間でメイクをしてあんなに爽やかな笑顔でたくさんの人の前に立てるなんて、キャサリン妃ってなんて強いんだ!と思ってニュースを見ていました。

そんな私のカナダでの出産といえば、産後二泊することはできましたよ(笑)(もし私のおまたが裂け裂けになってなければ一泊コースでしたが)

そんなカナダでの私の妊娠から出産までの流れを簡単に紹介したいと思います!まずは妊娠中のことから。

続きを読む

海外で育児、日本で困ったこと!オーガニックや砂糖が入っていない赤ちゃんスナックを探すのって大変だ

カナダ育児お菓子

日本へ里帰り中、カナダから娘の大好物おやつ「チェリオス」の大箱を一箱たっぷり持ってきたはずなんですが、日本滞在をあと数週間残したところで終わってしまった。。。これはピンチ!チェリオスが無ければ、外出時やおやつの時間どうしよう。娘を静かにさせる私の命綱的な小道具なのに、その大事なチェリオスを欠品させてしまうとは。。。

手づかみ食べの練習に最高のおやつ『チェリオス』

カナダでも日本と同じように保健士さんが離乳食について教えてくれる機会があります。その時に教わったカナダらしいおやつを紹介します。

 

続きを読む

1歳の赤ちゃん連れで国際線って?エアカナダで日本へ里帰り

KFG Canada De Yururi

サイバーマンデーに格安チケットゲット

あっという間に娘も1歳に。一年365日がもう過ぎてしまったなんて、本当に信じられない。。。一年に一度は日本に娘を連れて帰りたいと思っているので、去年の11月サイバーマンデーのエアカナダがやっていたセールで帰国便を予約。15%offセールをしていて、税金燃油代込みで$713!娘の料金は大人の席代の10%。すんごく安かったので、これから毎年サイバーマンデーにエアカナダでチケットを買おうかな。 

去年、生後2か月の時と比べて、1歳の子供は機内サービスにも違いがありました。だけど今回のフライトは本当に疲れた!! 

 

続きを読む