東京で赤ちゃんが無料で遊べる場所は?「かぞくのアトリエ」はとってもアートなプレイルーム!

かぞくのアトリエ
Pocket

(今回は、カナダ子育ママの、日本へ一時帰国の時の記事です)

赤ちゃん連れで友人とゆっくり会う場所探しって大変

前回、日本に娘と帰省した際、友人親子と会うために、渋谷区所管の「かぞくのアトリエ」という施設に行ってきました。

なぜこの施設を見つけたかというと、

●友人と会うのに幼児がいるとカフェやレストランだとゆっくりできない

●どこか幼児が遊べる空間がないか?

●できれば無料のところがいい

と考えて、ネット検索してヒットしたのがこの「かぞくのアトリエ」だったんです。

渋谷区の子育て支援施設

HPを見ると区の無料施設なのに、デザインがとっても今風でおしゃれ!行っているイベントもアートや料理など、とても興味深く、ぜひ一度行ってみたい!と思った訳です。

渋谷区の施設ですが、最寄駅は「南新宿駅」となります。代々木駅からも徒歩可能。

南新宿駅からだと徒歩2分でかぞくのアトリエに行くことができます。この施設は前は児童館だったそうで、その面影がしっかり残ってます。

門をくぐると、こんな可愛いイラストが。とってもおしゃれで今風ですね!

受付で名前と住所を記入して、初めての館内利用だったので職員の方が丁寧に施設について説明してくださいました。もちろん渋谷区以外の人でも利用可能!(0〜3歳児を対象にした年齢別のおやこきょうしつは渋谷区在住の人限定)

この施設は地下1階、地上2階建てになっています。

地下一階は天井が高くなっていて広々空間のプレイルームになってます。時間によって未就学児と小学生に分かれていて、赤ちゃんも安全に遊ぶことができます。時間帯によって遊具も変わるそうですよ。

《未就学児タイム》9:30-14:00(火〜木) 9:30-17:30(金・土)

《小学生タイム》14:30-17:30(火〜木) 

↓「PLAY+(プレイピュー)」というおしゃれなデザイン遊具で遊べるのもポイント高いですね。区の施設なのにこのおしゃれさは渋谷区ならではなんでしょうかね。私の田舎にはまず無いです。。。

黒板にカラフルなマグネットを貼り付けて遊ぶだけなんですが、これもなんだかアートに見える。子供達、このマグネット遊びに釘付け!(うちの娘のがに股具合。。。隣の女の子と育ちの差が。。。)

ドミノを置いているセンスも素敵!このレトロな手書きBOXもいい味出してますよね。

1階は受付があって、その奥は食事やおやつが食べれるスペース。見てください、このインスタ栄えしそうな空間!(笑)本当にインテリアのセンスが抜群です。

半分は畳コーナーになっていて赤ちゃんに最適の空間です。木製のおもちゃやおままごとセットもあります。絵本コーナーがあるのも嬉しいですね。

2階は親子教室やアートスクールが行われる空間。天井にガーランドが付いていてとってもかわいい。教室が無いときはこの室内で自由に遊んで良いそうです。全面絨毯になっていて、ハイハイ赤ちゃんでも大丈夫です!壁面はおもちゃの収納棚になっていて、手作りの人形や、木のおもちゃ、お面などなどとってもセンスの良いおもちゃが揃っていて、ここでも、あ、都会って良いなって思ってしましました(笑)

一角には図書コーナーも。素敵な絵本がセレクトされて置いてありました。懐かしい紙芝居も!

いいな、と思ったのが、使ったおもちゃをきちんと元にあった場所に戻せるように棚にそのおもちゃの写真が貼ってあったアイデア。これなら子供も大人もしっかりとお片づけができそうです。

もちろん授乳・オムツ替えスペースもあります。

ここの施設でとっても気になったのがアーティストさんやプロの料理人を講師に招いて行われる「アートスクール」。一回の受講料も1,000円前後ととってもリーズナブル!本物の技術を楽しみながら親子で学べるってとっても素敵ですよね。娘が受講対象年齢になったら帰省した際にぜひ一緒に参加してみたいものです。

かぞくのアトリエ ” アートスクール

食、ものづくり、体操、音楽、写真など、 さまざまな分野で活躍するクリエーターを講師に迎え、 こどもの感性を刺激するもの、親子で共に考え楽しむもの、 大人がじっくり体験したい講座など、 土曜日を中心に、多彩なテーマで講座を開催します。

私が東京に住んでいたら毎週通いたいぐらい、とっても素敵な子育て支援施設でした。日本中にこういう素敵な施設ができるとうれしいですね!子連れで友人とゆっくり会いたい時にオススメの場所です。

  • かぞくのアトリエ
  • 東京都渋谷区代々木2-32-5
  • 開館時間:9:30-17:30
  • 休館日:日・月・祝日・年末年始
  • 利用者:乳幼児および小学生とその保護者(*未就学児のご来館には保護者の付き添いが必要です(保育機能はございません))

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*