バンクーバーの変わった逆三角のコンドミニアム、他にもあるカナダのユニークデザイン建築物の一覧

Vancouver House

今回はカナダにあるユニークで変わった建物の特集です。   

バンクーバーには、いまユニークな外観のレジデンシャルのコンドミニアムが建設中です。それが、なんと逆三角形なんです。

昨年から、ダウンタウンからグランビルブリッジを通るたびに、右手に面白いデザインの高層ビルだなーと気がつかれた方も多いと思います。 最近、建物の建設が進み全体の外観がはっきりとしてきました。 建物が下にゆくほど萎んだ逆三角のユニークなデザイン。知らない人が見ると、つよい横風がきたら建物の下がボキッって折れない? という外観イメージです。

 

こちらです。百聞は一見に如かず。

続きを読む

初めてのベビーカーはどう選ぶ?海外の大人気ストローラーが丸わかり!最新人気ブランドはコレ!

海外の大人気ストローラーが丸わかり

海外のベビーカーは日本のメーカーのものと違ってとってもしっかりとした作りになってます。交通機関や歩道などが日本と比べてゆったりしたサイズってこともあり、ベビーカーのサイズも大きいのが特徴。現地ではベビーカーのことは「ストローラー(stroller)」と言います。

海外ベビーカーの良いところ

  • デザインがカッコイイ
  • 作りがしっかりしていて、ガタガタせず安定感抜群!
  • タイヤが大きくしっかりしてるので、少しの段差もへっちゃら

続きを読む

2026年、カナダで初のワールドカップ共同開催が決定!!

FIFA2026Logo

いよいよ、2018 FIFAワールドカップロシア大会がスタートしましたね。初戦強豪コロンビア戦に見事勝利生まれ変わった日本選手たち!ほんと素晴らしい!!興奮しながら試合の様子をTVにくぎ付け、どれも目の離せない試合ばかりで、すでに熱中して寝不足になっている方も多いのではないでしょうか。

さて少し気が早いですが、8年後、2026年の開催地は、「カナダ・メキシコ・アメリカ」での共同開催が決定したことはご存知でしたか?

続きを読む

ハッピーセットはおもちゃの他に絵本も選べるカナダのマクドナルド(しかもカナダの作家さんにこだわってる)

ハッピーセットはおもちゃの他に絵本も選べるカナダのマクドナルド

カナダではハッピーセットじゃなくてハッピーミール

みんな大好きマクドナルド(笑)カナダにももちろん子供向けのハッピーセットがあります。でも名前がちょっと違って、「Happy Meal」ハッピーミールと言います。

一歳の娘にはまだちょっとマクドナルドは早いので、私がジャンキーなものが欲しくなった時に食べてます(笑)

続きを読む

人気スポットのグランビルアイランドに、子供も大喜びするプレイグランドがあった!

グランビルアイランド

おそらくバンクーバー市内で一番の観光名所「グランビルアイランド」。昔工業エリアだった埋立地で、今はたくさんのお土産屋さんがあったり、劇場、工房、コミュニティーセンター、美術学校があるとても個性的な観光スポット。港もあるので、魚介を扱ってるお店も多いです。旅行客だけでなく地元の人にも愛されている場所なんです。

 

続きを読む

ほんとにヘルシーなの?健康ホットドック・ウォーターに熱つーい注目が!?

(本文中の記事写真は、dailyhive.comから引用をしています)

 

こんにちは。カナダは6月にはいり気温もグングン30度近くまであがり、本格的な夏シーズン到来です。一年でも最も日が長く10時すぎまで、、ボケボケしてると気付くと深夜だったなんてだったことも、笑

さて、このハイシーズンにはバンクーバーのダウンタウンいたるところでコンサートやお祭りイベントが開催され人人で一気に盛り上がります。さまざまな人種と民族がいるカナダならではの超迫力ゲイパレードのような珍しいイベントや、日本でもなかなか出会う事がないアフガニスタン、ペルシャ、メキシコ、パレスチナなどのエスニック料理なども満喫できます。

さて、そんな中で恒例のMain Stの歩行者天国の露店で売られていた、ホットドッグ・ウォーター!に、バンクーバーリストのあつーい注目を浴びたというニュースがありましたのでご紹介します。

なお、記事は英文ニュースのdailyhive.comから引用させて頂きました。

 

まず、見て思ったのが、、、 

え、? ホットドッグ と水?  

一瞬 あたまが真っ白! あまりにも想像を絶するありえない組合せで、、ぜんぜんイメージが掴めません、、実物の写真を見てみると、

続きを読む

おむつの取れていない、1歳児のプールデビューはどんな水着を着させる?

おむつ取れない1歳児プールの水着

6月で気温も30度近くに上がり、近くのプールへ行ってきました。コミュニティーセンターの施設が充実しているカナダ。日本でいう市民プールがバンクーバー市内だけで10以上もあります。

 

コミュニティーセンターはプールとジムが併設されていて、運動が大好きなカナディアンでいつも混んでいます。私の田舎にはこういう市の施設はなかったなー。あって体育館ぐらいかな。ジムなんて無い。↓ロビーにはカフェも。このコミュニティーセンターは大きくてとても綺麗。

続きを読む

“WholeFoods”のアマゾンロッカーから見える、北米の宅配事情とは・・

(のっけから、アマゾンロッカーのお話です。)

先日、久しぶりに自宅近くのスーパーのWholeFoodsへぶらっと入ったところ、お店の入口にドーん!!と、米国ネット通販のアマゾンロッカーが置かれていました。

 

 

 

 

 

Amazon Lockers to Whole Foods Market

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで入口はいると、目立つ場所に設置され、かなり存在感あります。 

「あれ?前からロッカーあった? アマゾンは、荷物一時預かりサービスもするの?」 (そんなハズない・・笑)

続きを読む

2020年公立小の英語スタートでも現状は変わらず?教育格差は広がるのか…

 
 

横浜&バンクーバー 親子留学、お子さま留学専門コンシェルジュの久野浩司です。

 
 
昨日は横浜の東戸塚にて、英語教育&グローバル子育てについてのお茶会やりました。今回は5名のこじんまりした会でしたが、その分、参加された皆さんと多岐に渡りいろいろなお話ができました!
結局は時間足りずで、また続編やりたいという声も頂きましたので、また東戸塚エリアで開催が決まったらご案内させていただきます。
今回の日本帰国中は、夏休みにカナダに来るお子様との面談をはじめ、たくさんの親御さんともお話をさせていただいています。ボク自身も日本の学校事情の今を開くことができて、とても勉強になります。
 
 
2020年、公立小学校でも英語が教科として授業化されますが、皆さんからの話しを聞く限りでは、あまり何かが変わることはなさそうです。
 
 
むしろ英語嫌いの小学生が増えていくような気もするのです。

アジアの中で日本を比べると…

アジアの中で日本を比べると

 
今ボクが住んでいるバンクーバーは、アジア人がとても多い都市です。
 
 
北米の中での比率は一番高い気がしますので、もしかしたらアジア以外の国では世界一なのでは?と思います。なので、当然ながら韓国や中国からの親子留学してる家族がとても多いのです。日本の方はあまり海外へ子供を出すという感覚ではないのですが、韓国、中国のお子さんはすごい数でカナダに限らずに世界に出ているのがリアルな現実です。
 
しかも、