あの緊張した面持ちの子が高校生になりました!

Pocket

テーマ:

 

あんなに気持ちよかった青空広がるバンクーバーの夏も終わってしまいました・・・(悲)

すっかり肌寒くなり、もう公園の木々も少しだけ紅葉してきた気配があります。

 
今週からいよいよカナダの学校も新年度に入りました!
 
5回目の新年度ですが、息子はいよいよカナダの高校へ入学しました!
小学2年生終わりでカナダに来て、初めて経験する海外の学校・・・
 
日本と大きく違う教育制度は、国が決めるのでなく、州それぞれ権限を持つため、州によって学校のシステムも違います。もっと言えば市町村レベルでも権限があり違うのが驚きます。
 
 
 
 
 
日本で言えばまだ中2にあたるGrade8(8年生)なのですが、肩書は立派な高校生です。
 
 
バンクーバーがあるブリテッシュコロンビア州の小学校は7年生(+キンダー幼稚園年長)
 
 
6月に小学校7年生を終えて、いよいよ5年制の高校生活に入るかたちです。
 
 
 
 
日本と大きく違う教育制度は、国が決めるのでなく、州それぞれ権限を持つため、州によって学校のシステムも違います。
 
 
もっと言えば市町村レベルでも権限があり違うのが驚きます。
 
 
 
例えば、ボクが住む市では先ほども言いましたが、7年制の小学校から5年制の高校が義務教育期間です。
 
 
でも、道を挟んだ隣の市は、5年間の小学校、3年間の中学、4年間の高校という感じなのです。
 
 
ただシンプルに言えば、単に学年で分ければ良いかなという感じですが、最初は慣れるまで少し混乱します(笑)

 

 
 
とりあえず、まだ今週はいろいろ様子見の始まったばかりの高校生活ですが、
 
 
また日本からお子様をカナダへ高校留学させたいと考えている方にも向けて、
 
 
今後も高校生活の進行形レポートをしていきたいと思います!
 
 
何かご質問などある方は、いつでもお気軽にお問合せください~
 
 
 
 
 
  
 

 

 

 

掲載記事の提供元URL https://ameblo.jp/gc-canada/entry-12403834563.html

筆者プロフィール

Kuno san
久野浩司さん アルグラット・ライフデザイン 代表取締役
カナダで子育て中のパパがつくった次世代「英語&アクティヴラーニング・スクールのグローバル・クリエイティヴ・カナダ」です。
横浜みなとみらいソバで、英会話をベースにリーディング、社会問題、プレゼンテーション、算数(数学)など総合的に世界で通用するグローバルマインドをもった子供たちに育てます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*