親子留学の素晴らしさは帰国後にわかる!

Pocket

テーマ:
 
この日にゲスト参加してくれる、みきさんに早速プチインタビューです。
 
 
 
今年の夏に3歳の娘さんと、なんと!まだ0歳の赤ちゃんを連れて一緒にバンクーバー郊外の街でホームステイ。ボクも現地で3~4日間ほどご一緒させていただき、とても楽しそうに生活されていたのが印象的でした。
 
ご本人も英語学校に行き、お子さんは地元のデイケアーに通う、いわゆるダウンタウン生活ではなく、絶対に観光では訪れない、まさにローカルなバンクーバー生活を満喫されていました!
 
image
 
Q: 実際に行ってみた感想はいかがでしたか?
 
3才娘と0才10ヶ月息子と、1ヶ月、ホームステイをしながら、こどもたちはデイケア、私は語学学校に通いました。
元々ポジティブな印象をもってカナダに行きましたが、それ以上に、子連れに優しい国で、とても楽しく充実した日々を過ごすことができました!
 
特に、今回の目的が、将来的な移住に向けた下見もかねていたので、カナダライフの体験、生活している日本人とのネットワークの構築、ビザの相談等、移住に向けた情報収集ができたことがとても良かったと感じています。
 
 
Q: 帰国してからのお子さんの変化はどんなものを感じますか?
 
3才娘に対して、親子留学前は特別な英語教育はしていませんでしたが、親子留学(ホームステイやデイケア)を通して、英語を話されることの拒否反応がなくなり、自分なりの意思表示(Yes/No、Please)は、できるようになりました。
 
また、日本に帰っても、家ではこどもと英語を話すことを続けており、私自身も親子留学後、こどもに英語を話す気恥ずかしさがなくなりました。
 
 
Q: 特にカナダで過ごして楽しかった思い出は何ですか?
 
こどもと楽しめる公共施設! 遊具から水が出る無料のウォーターパーク、遊び場がある図書館、スライダーがついている市民プール等、数々の公共施設が充実していました。
 
 
Q: 来年に実現させたいと思っているママさんにひと言お願いします!
 
出発前は長時間の飛行機の移動、英語、こどもの病気やケガ等、不安はありましたが、実際に行ってみると、どれも大した問題ではありませんでした。 留学してみたい、海外に住んでみたいという気持ちがあるのなら、こどもが小さいからと諦めずに、チャレンジしてみては、いかがでしょうか? 数週間の滞在でも、十分満喫できます!
 
 
11月25(日)のカナダ親子留学シェアー会では、他にも幼稚園児のママさん、過去に行き今はお子さんが中学生になった先輩ママさんなどがゲストとして、皆さんとカナダ親子留学の魅力について一緒に話しをしようと思います。
 
行った時の楽しい思い出や経験はもちろんですが、むしろ帰ってきてから子供たちにどうのような影響を与えるかが大事なポイントだと思っています。
 
その魅力を皆さんとシェアーしていきたいと思いますので、ぜひ11月25(日)は白金に遊びに来てください!
 
 
★申し込みはコチラから・・・

https://www.gccanada.net/イベント/

 
 
image
 

 

掲載記事の提供元URL https://ameblo.jp/gc-canada/entry-12414959539.html

筆者プロフィール

Kuno san
久野浩司さん アルグラット・ライフデザイン 代表取締役
カナダで子育て中のパパがつくった次世代「英語&アクティヴラーニング・スクールのグローバル・クリエイティヴ・カナダ」です。
横浜みなとみらいソバで、英会話をベースにリーディング、社会問題、プレゼンテーション、算数(数学)など総合的に世界で通用するグローバルマインドをもった子供たちに育てます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*