未来に向けて日本の教育をひっくり返せるのか?!#問題児求む

オルタナティブ教育♯問題児求む
Pocket

テーマ:
 

 

 

皆さんは、オルタナスクールって聞いたことありますか?

オルタナ=Altenative、意味はもう一つのという意味ですが・・・

簡単に言えば今の受験教育という日本の主流の教育に対するアンチテーゼでしょうか?

 

昨夜は「LOOHCS」(ルークス)という来年4月に開校する学校の説明会に行ってきました。

 

https://loohcs.co/

SCHOOLの反対でLOOHCS、既存の学校をひっくり返すという意味だそうです。

最近はここ手の新しいスタイルの学校が実験的ながらどんどん出てきています。

 

他にもN高、ゼロ高など未来志向の高校、海外ではミネルバ大学という移動キャンパス型の大学もできて、

 

実際に海外では、すごい人材を輩出していっているそうです。

 

例えば、以前からあるフリースクール、サドベリースクール、シュタイナーなどもオルタナ教育の一つです。

 

もっと言えば、通信制教育やインターナショナルスクールもその中に入ってきます。

 

日本だとまだまだ不登校の子の学校みたいなイメージありますが、やっと日本の教育の変革も少し可能性を感じます。

 

わが家もカナダには子育て目的で言ってるので、日本の文科省基準ではかなりの変わり者ですが・・(笑)

 

正直、日本の常識で考えると、少しだけ興味はあっても、まだまだそこまで自分の子どもには飛躍できないのが現実かも知れません。

 

最近は日本でも小学生、中学生などのローティーンたちが、普通の学校に合わない感性豊かな子もいっぱいいます。

 

個人的には、すごくそんな子ども達がもっと、もっと世界で活躍していくチャンスが増えると良いなと思います。

 

先日、白金で開催した「カナダ親子留学シェアー会」の会場で使用させていただいた

 

「イロんな学校.com情報サロン」

 

こちらもそんな情報をいろいろ共有できるサロンですので、ぜひ興味ある方は一度伺ってみることおススメします!

 

★カナダ親子留学、春休み&夏休みのお子さま小中学生留学、高校留学は、個別相談会はお気軽にご連絡ください~!!

 

掲載記事の提供元URL https://ameblo.jp/gc-canada/entry-12424401451.html

筆者プロフィール

Kuno san
久野浩司さん アルグラット・ライフデザイン 代表取締役
カナダで子育て中のパパがつくった次世代「英語&アクティヴラーニング・スクールのグローバル・クリエイティヴ・カナダ」です。
横浜みなとみらいソバで、英会話をベースにリーディング、社会問題、プレゼンテーション、算数(数学)など総合的に世界で通用するグローバルマインドをもった子供たちに育てます!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*