バイリンガル脳のつくり方?!

バイリンガル脳のつくり方?!
Pocket

テーマ:

 
昨日、無事にカナダに戻ってきました~
 

横浜&バンクーバーの子供留学専門コンシェルジュ、グローバル・クリエイティヴ・カナダの久野こうじです。不思議なもので、日本に帰った時もそうですが、同様にカナダに着いた瞬間にすぐカナダモードになります。まるで日本に行ってなかったの如く・・・ 

 
ボクも16歳で留学したのと、今もカナダに住んでいるので英語は喋ります。
 
 
でも残念ながらバイリンガルではありません、英語を喋る日本人というべきでしょうか・・・
 
 
なので本物のバイリンガルは羨ましいなと今も感じますし、どんなに便利だろうと思います(笑)
 
 
だから親の無いものねだりで子供たちには、より早いうちに英語の環境を与えたかったのです。
 
 
 
さて、今日はバイリンガルの子供たちの脳の仕組みについて少しお話したいと思います。
 
 
日本では英語が流暢で特に発音が良いとバイリンガルと言われることも少なくありません。
 
 
 
でも先にも言ったように、それだけでは本当の意味でのバイリンガルとは違います。
 
 
バイリンガルとは両方とも同じネイティヴスピーカーレベルということです。
 
 
 
だから本当のバイリンガル?の子供を日本で育てるのはかなり至難の技です。
 
 
なぜなら、残念ながら日本で生活している中でその環境を普通は非常に作りづらいからです。
 
 
 
例えば、国際結婚(片方の親が英語ネイティブ)の家庭で、しかも家の中は完全に英語、
 
 
その後、小学校からは日本の学校に通い、友達も日本人メインだとそれに近い環境は作れます。
 
 
 
反対に日本人家庭の場合、逆に幼少期からインター系キンダーなど英語環境を作り、
 
 
そのまま小学校でも友達といつでも英語で話せる環境を作れば同じような感じになるでしょう。
 
 
 
以前、カナダ在住の国際結婚家庭の完全バイリンガルと思えるような小学生の子供たち数名に聞きました。
 
 
「英語と日本語って喋る時には何が違うの? 頭の中はどう切り替わっているの?」
 
 
その彼女たちが言ったのは、英語と日本語で脳のスイッチが瞬時に切り替わるそうです。
 
 
 
だから、日本語と英語が混ざることは、言葉を知らない時以外はなることはほとんどないそうです。
 
 
完全な英語脳と日本語脳が別れ、しゃべる時に瞬時に切り替えをされているそうなのです。
 
 
日本の小学校に行きながら、その英語脳を作ることは難しいのは事実ですが、近づける方法もあります。
 
 
 
実はそのカナダのバイリンガルキッズの例とすると、同じような環境で育っても大きく変わります。
 
 
国際結婚や日本人家庭でカナダの現地校に通う、つまり英語の比重が圧倒的に多い子供たちでも、
 
 
完全なバイリンガルに近いように育った子供たちには大きな共通点がありました。
 
 
それは多い子は年に2回ほどの夏休み、お正月、春休みなど年1~2か月ぐらい日本に戻っているのです。
 
 
やはり、カナダ育ちの子供たちもせっかくインプットした日本語を使う環境、
 
 
つまり継続して進行形でアウトプットすることがやっぱりいちばん大事ということです。
 
 
 
同様に日本の子供たちだって同じように英語脳を作るために大切なことは何でしょうか?
 
 
それは日頃から大量の英語インプットさせる、しかも毎日の継続させる習慣です。
 
 
そして、さらにその入った英語を年に1回は海外に出して、アウトプットせざる状況、
 
 
その作業を繰り返して作ってあげるということが理想です。
 
 
 
正直言ってしまえば・・・
 
 
残念ながら、今後、いくら日本の小学校でも英語の早期授業化が始まっても、
 
 
他にもネイティブの先生一人に対して複数の子供での英語学童や英会話だと全く足りないのが実情なのです。
 
 
 
もちろん早期からバイリンガルに育てなくても、大人になってからも十分に世界で生き抜く力はつけられます。
 
 
でも、もし本当に英語に強い子供に育てたいと願っている親御さんはチャンスがあれば、
 
 
実際に日本の小学校に通いながらも、頑張ってそんな状況を作っていった先輩ママさんから、
 
 
いろいろお話しを聞き、ぜひ今後のヒントになってくれたら良いですね!
 
 
 
★お子様だけでも行かせる小学生のために「夏休みカナダ、バンクーバープチ留学!」
 
日頃の英会話など習っている子供は、実際にアウトプットする海外経験させることで、飛躍的に英語へのモチベーションが変わります!
 
ぜひ、そんなお子様のチャンスを見逃さないでください~  
 
  

>詳細&概要はコチラから・・・

 
 
記事提供元ご紹介(https://ameblo.jp/gc-canada)
 
 筆者プロフィール
Kuno san

久野浩司さん アルグラット・ライフデザイン 代表取締役

カナダで子育て中のパパがつくった次世代「英語&アクティヴラーニング・スクールのグローバル・クリエイティヴ・カナダ」です。

 

横浜みなとみらいソバで、英会話をベースにリーディング、社会問題、プレゼンテーション、算数(数学)など総合的に世界で通用するグローバルマインドをもった子供たちに育てます!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*