現状の収支をきちん把握することは、お金と上手に付き合うための第一歩です。

仕事では収支管理を細かくしているのに、家計については「なんとなく」になってしまっている方もいるのではないでしょうか。赤字でボーナスを使って穴埋めすることが常習化してしまっているという方もいらっしゃるかもしれません。

今回のコラムでは、改めて収支管理をする意味や重要性について考えてみたいと思います。

具体的な家計簿の付け方についてもご紹介いたしますので、まだ家計管理を本格的に行っていない方や、過去に家計簿をつけようとしたものの挫折した経験のある方はぜひ参考にしていただければと思います。

家計管理をする意味

健全な家計運営の基本は、きっちりと貯蓄し残ったお金を有意義に使うことです。いくら収入が多くても、お金を使ってばかりいて貯蓄がゼロでは経済的に安心して暮らすことができません。

家計管理の目的を簡単に言うと、お金の使い方をチェックすることです。

どういったものにいくらぐらいお金を使っているのか、それは毎月発生する出費なのか、それとも定期的なものなのか、などを具体的な数字で把握することから始まります。つまり、感覚だけに頼るのではなく収支を「見える化」することが家計管理です。

また家計の管理は継続的に行うことが重要です。家計管理を長く続けていると、各項目ごとの支出の傾向が見えてきます。

収入に対して支出が大きすぎる場合は、支出を削る必要が出てきます。家計の様子を記録に残しておくと不適切な出費を発見するのに役立ちます。少ない収入でもかしこいやり方を見つけてコツコツと貯蓄や投資にまわすことも可能です。家計の全容を把握することで、どこの部分に見直しが必要なのかが明らかになるのです。

赤字解消・黒字確保を目指そう

収入は、可処分所得で見よう

家計管理は、収入と支出を把握するところから始まります。

一般に収入は年収ではなく、可処分所得を使います。可処分所得とは、年収から税金(所得税、住民税など)と社会保険料(健康保険、年金など)を差し引いた額です。

支出は、種類に分けて見よう

支出面の把握では、継続的な支出と一時的な支出にわけて行います。

継続的な支出には、基本生活費(食費、衣服費、住居費、など)、保険料(生命保険、損害保険など)、医療費、交際費、余暇費などが含まれます。一時的な支出としては教育費、住宅関連費(所得、管理、増改築)などが挙げられます。

家計の理想は収入と支出がバランスよく釣り合っている状態です。

収入より支出が多い場合は赤字ということになります。その場合、赤字解消のために、固定費から手をつけるのが効果的です。

固定費とは継続的な支出のなかでも、毎月必ず決まった額を支払う項目です。住居費(家賃や住宅ローン)、保険料(月払いの場合)などがそれにあたります。こういった費用は一度削るとその後は下がったままの状態を維持することができるため見直し効果が大きいと言われています。

例えば住居費を下げるために、賃貸の場合はより安い家賃の住居への住み替えを、既に住宅ローンを組んでいる場合は、より低金利のプランへの乗り換えや繰り上げ返済を検討してみましょう。

保険は定期的に見直ししよう

保険料についても見直しが可能です。

必要な保障は確保しながらも、死亡保障を減らす、終身保険から定期保険に切り替える、特約部分を解約する、などの見直し方法があります。また加入時と現在で状況が変わっている場合にも見直しをすることで減額できることもあるでしょう。

黒字を継続しよう

不必要な支出を減らして家計の赤字が解消された後は、黒字の状態を継続し貯蓄につなげることが収支管理をするうえで重要になります。

貯蓄額を先に決めておくこともひとつの方法です。お子さんの進学のため、家族旅行のため、老後のためなど、理由を決めて目標とする貯蓄額を設定します。その目標貯蓄額から毎月貯蓄すべき金額を割り出します。毎月の収入から毎月の貯蓄額を差し引いた額が目標支出額です。現在の支出が目標となる支出額より多い場合は、家計の見直し作業が必要になります。目的がはっきりしていると家計の見直しのモチベーションも上がるはずです。

収支管理の方法

家計の収支管理の基本的な方法は、帳簿をつけて収入と支出を把握することです。

家計管理のための帳簿は一般的に家計簿と呼ばれます。しかし、その管理の仕方は目的や個人の生活スタイルによって違いが出てきます。

まず家計簿をつけるにあたり、「毎日つけるのが面倒だ」「細かく支出項目をわけるのが手間だ」という印象をお持ちの方も多いかと思います。でも実は細かく毎日記録をつけなくても家計簿は成り立つのです。

家計簿を続けるコツは簡略化することです。

支出の費目も10個程度にまとめると整理しやすくなります。また、金額も1円単位まで記録する必要もなければ、お金の出入りを毎日記録する必要もありません。1週間ごとにつけても、余裕があるタイミングで月に数度つけても問題はないのです。要は支出の総額とその内訳が毎月わかるように管理できていればOKです。

手書き派の方は市販されている「家計簿」を使用するのが一般的です。

今では書店や文具店で数多くのタイプがそろっています。費用項目がざっくりしたものから細かいものまでありますし、レシートを貼るだけのものや、項目別に予算管理ができるように構成されているものもあります。

項目別にレシートを入れる袋がついているタイプのものだと、1か月分のレシートをためて集計することも可能です。また、書き込むスペースが多い家計簿を利用すると、日記とかねてお金の出入りを記録することができます。

一方、パソコン上でエクセルや市販の家計簿ソフトを活用して管理を行うデジタル派も増えています。

集計作業が自動化できるので間違いもしにくくなりますし、数値のグラフ化、年間推計など全体像の把握も簡単に行えます。さらに、最近ではスマートフォン上で家計簿をつけられるアプリも多く登場しています。銀行口座の残高やクレジットカードの引き落としなども一元で管理してくれるものや、レシートをカメラで撮影することで情報を自動的に読み取ってくれるものまで出てきていて、利用者が増えているようです。共有機能がついている家計簿アプリであれば、ご夫婦など二人以上で家計管理をするに便利でしょう。

家計簿を選ぶうえで、手書きのものとデジタルのものにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

まず、手書きの家計簿は、「自分で書く」という行為によってお金の流れがより自分で理解しやすくなるという面があります。その反面、手書きなので計算ミスをしたり、記入が面倒と感じたりする人もいます。また、月ごと、年ごとの比較がしにくく、予算管理には不向きとも言えます。

デジタル家計簿のメリットはなんといってもその利便性です。自動集計、複数口座の一括管理、グラフ化など、手書きでは難しいこともアプリや集計ソフトを使えば簡単にできます。しかし、様々な機能を使いこなすことが逆にストレスになる場合もあります。また、手書きと違って自分好みにカスタマイズするには限界があります。手書きの家計簿とデジタル家計簿のメリットとデメリットを考えて、自分にあったものを選んでください。

最後に

今回のコラムでは家計の収支管理の大切さとその方法についてご紹介しました。将来を見据えていくうえで、現時点での収支を把握しておくことはとても大切です。家計簿をつけることで、お金の流れが「見える化」されることがおわかりいただけたかと思います。

「見える化」されることで「何にお金を使っているのかよくわからない」「なぜかお金がたまらない」という状態をさけることができます。今では手軽で操作も簡単なアプリが多く出ていますので、ご自分にあったスタイルを見つけて無理なく続けることができればベストですね。